日本でも有数の高層湿原があり、様々な動植物を観察することが出来ます。晴れた日には白馬連峰の大展望が直ぐ目の前に展開されます。素晴らしい景色です。5月中旬は大雪原の雄大な景色、6月中旬の水芭蕉の大群落、シラネアオイ、チングルマ、ニッコウキスゲの大群落、9月の湿原の草紅葉、10月初旬の見事な紅葉、紅葉が終わったあとのダケカンバの作る珍しい景色へと続いていきます。どうぞ、標高1900mの大自然を満喫してください。
飛騨山脈、北アルプス後立山連峰白馬乗鞍岳の南東に位置し、標高1850m〜2020mに広がる面積約100haの湿原です。

園内一周は約5.5kmです。お時間に合わせて散策して下さい。